『全員参加の掲示板』でみんなで声を掛け合いながら、充実した株式投資ライフを!参加コースは1ヶ月と3ヶ月の2種類です。






★☆ 2021年のマーケット考察
 
(1)コロナバブル継続・・・新型コロナの感染拡大に起因する歴史的金融緩和と積極財政による過剰流動性を背景に、株式市場の上昇トレンドは(FOMCにより出口戦略が議論され始めるまでの)長期化が必至と判断。

(2)日経平均の高値目安は31,000〜34,000円・・・日経平均の今期の予想EPS1,080円に対して、現況での来期予想は45%程度増加の1,560円がコンセンサス。コロナバブルによる上方バイアスを加味すれば、PERは平常時が15〜20倍、下振れ時が12倍水準、上振れ時が22倍水準までのブレが想定されるため、「27,000〜32,000円」をコアレンジとしながら、上下のオーバーシュートに際しては23,000円付近 or 34,000円付近までのブレが想定されます。

(3)GAFAMの解体(思惑)・・・現実味のある下振れリスクとしては、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトなど巨大企業への規制当局の締め付け強化 → 解体思惑による大掛かりな需給調整 → 短期的かつ鋭角な下落に要注意。

32

(4)BATの膨張・・・業績不振かつ技術力のある中国企業が、中国共産党の指示のもとで次々とバイドゥ、アリババ、テンセントに吸収される流れは不変。結果として3社の勢力は今年も膨張し続けるでしょう。

※ 膨張は遅々として進むため、マーケットの需給波乱要因としての過度の警戒は不要ですが、GAFAMの停滞とセットになる場合には、ビジネスにおける主要ルールが中国共産党色に次々の塗り替えらる → 現代版奴隷制度の支配領域拡大に警戒。ドイツと中国関係の親密化にも要注意。

(5)米中対立の継続・・・中国が覇権国家となる凄惨たる未来を避けるためにも、トランプ氏に続いてバイデン政権も中国に対して厳しい対応を迫るはずです。その場合、自由主義経済は延命される反面、マーケットはネガティブな反応へ。

34

(6)デジタル化で格差縮小はしない・・・世界経済の規模はコロナ禍での急激な縮小後、マイルドな回復基調が本命視されますが、コロナ以前への回復には2,3年程度かかるとみるのが賢明。すなわち収穫できる果実が増えない状況にもかかわらず、企業による配当や自社株買いなどの株主優遇策が継続する結果、被雇用者層への配分が減るのが不合理かつ不可避な真実。主要国の財政支出がある程度カバーするものの、デジタル化をはじめニューノーマルに適合した一部の人々を除いては、収入面での貧富の差は解消されるどころか拡大傾向を続けそうです。
 
         2021年1月4日

□ 銘柄選別は将来性よりトレンド重視!
2021年も国策絡みのテーマが個別株をリードしていくと考えますが、昨年11月以降の上昇トレンドにて主役クラスは既に買われているため、テーマに固執した銘柄選別方法では後手に回る可能性があります。また、景気回復を伴う個別全般の底上げは期待しにくく、大半の銘柄が将来性よりも足元の需給環境に株価を左右される傾向は続くため、初めに銘柄分析ありきのボトムアップ戦略ではなく、世界的な需給環境から逆算する「トップダウン戦略」重視スタンスを継続する予定です。

フローとしては、需給環境の確認 → 好テクニカル銘柄のピックアップ → テーマ分散 → 価格帯・決算時期の分散 → 銘柄確定 ( → 売買戦略の考察 )...イメージ。

1011966_s
 

 ■ 全員参加型掲示板で声を掛け合いながら!
当サイトのメインコンテンツは全員参加型の掲示板(Sラボ会員サークル)。当方(管理人)も参加者の一人として、毎日約3回、上記観点から私見をコメントさせていただいています。

閲覧だけのご参加もOK。銘柄や戦略に関するご自身の見解を積極的に発信いただくのもOK(お手柔らかにお願いします)

よかったら みんなで一緒に真の正攻法・2021年版を探求していきましょう!

  4343aquab02-001
-----------------------------------------------
コミュニティ内では、様々な相場観や銘柄が存在します。売買に関しましては個人の判断の下で行ってください。  
-----------------------------------------------  

Copyright(C) 2006 S-Labo DESIGN. All Rights Reserved.